Hello World |
programming school

J’VALLE

幼児 | 小学生 | 中学生を中心とした

共育(教育)プログラム


子どもが教えるプログラミングスクールです。
IT×ものづくりを通して学びをクリエイトする授業を展開しています

こども達の好奇心と探究心を伸ばす共育環境の提供

  • 小学校低学年から学べる授業体制
  • ロボット・電子工作・ゲーム・アプリケーションを通してお子さまの好奇心と探究心を伸ばす授業展開をしております。

2 少人数制かつ個別指導スタイル

  • 10名以上の集団学習ではなく、講師1人に最大3人〜5人まで*の生徒を指導する個別学習スタイルを実施しているため、お子様1人1人のペース管理をしながら授業を進めていくことが可能です。

3 子どもがプログラミングを教える環境

  • 当教室は通常の授業はもちろんのこと、教室独自のイベントなどを通して“子どもが誰かへプログラミングを教えていく”環境をつくりあげています。

『子どもが教える』とは?

当スクールでは、習ったことや覚えたことをアウトプットする習慣・環境を重要視しています。

アウトプットすることで、自分の知恵や知識の再確認ができ理解を深めることができるからです。
プログラミングを教えられる子が1人でも多く増えれば、教室以外でもたくさんの子どもたちにプログラミングが広まり何十倍・何百倍にも加速してITで活躍できる子たちが増えていくと信じているため、教えることのできる子をたくさん育てていく教育に取り組んでいます。

コース

プロ検コース

プロ検

(推奨年齢:小学2年生〜高校2年生)

詳しく

こだわり

1.授業の中心は『ゲーム感覚』

ゲーム感覚が何故大事か?
それは、デジタルなゲームにはプログラミングを用いられていることがほとんどであり、身近なエンターテイメントです。
子どもの頃はテレビゲームであれ、ボードゲームであれ、生活の中の身近な楽しみの中心でありました。
夢中になっている時ほど、子どもは好奇心や探究心が剥き出しになります。
ゲーム感覚には、教育においてプラスに働く要素がたくさん詰まっております。
そのため、ゲームづくりやアプリ作り・ロボットづくりを通してプログラミングを学ぶこと、自分の作った作品を誰かに楽しんでもらうこと。ココにプログラミングを伸ばすヒントがあるのです。

2.子どもが教えるようになるための「自律教育」

他からの支配や助力を受けず、自分の行動を自分の立てた規律に従って正しく規制する学習のこと
保護者や自分以外の誰かに『やりなさい』と言われてやるのではなく、子供たち自らがプログラミング学習を通じて、実現したい内容を論理的な計画に沿って学んでいくことを習慣化させる学習スタイルです。

学習フレームワーク

論理的考え方を養うことで、誰かに物事を説明するときの伝達力・表現力・プレゼン能力を向上させることを目的としています。

スクロールできます
5W1Hの思考方法を活用
誰が(Who)
いつ(When)
どこで(Where)
なにを(What)
なぜ(Why)
どのように(How)
基礎思考の習慣化
目標
計画・調査
実行
反省・改善
達成

プログラミングができるとどんなことが実現する?
プログラミングを学ぶということは?
どんなことに役立つの
  • 学習能力

算数・理科の学習
読解問題

  • クリエイティブ性

発想力・表現力の向上

  • スポーツ

試合相手に勝つための戦略的思考・練習方法の考え方

  • リーダーシップ

発信する力・プレゼン力の向上
トライ&エラーを繰り返すことによる問題解決能力の向上
市場に対しての洞察力の向上

  • エンターテイメント性

企画力・実践力
誰かを喜ばせる力

どんな子供達が通っているの?

ものづくりが大好き

(工作・レゴなど)

アニメ・YouTubeが大好き

ゲームが大好き

どんな評価がありますか?
教室までのアクセス

保護者様の声

スクロールできます
  • 30代:主婦
  • お子様:小学3年生(男の子)
  • 受講コース:プロテクコース

毎回の授業を子供が楽しみにしています。
今までたくさんの習い事をしてきましたが、子供が嬉しそうに授業の話をしてくれるのが驚くほど多くなりました。
お家に帰ってきてからは授業の話を満面の笑顔で良く話ししてくれ、前より子供との会話が増えました。
学校でも、工作やプログラミングの授業などで学校の先生にも褒められるようになり、最初の頃よりもプログラミングの必要性を理解できてきました。

  • 40代:主婦
  • お子様:小学5年生(女の子)
  • 受講コース:プロテクコース

将来の夢が定まらなかった息子が、プログラミングを始めてからゲームで”誰かを喜ばせるようになりたい。”と言うようになり驚きました。
今まで自分からはこうしたい!って言う子ではなかったのに自分の意思をしっかり伝えられる子になってきたので嬉しいです。
子供が自分で物事を考え率先して行動していける力を身につけられること、唯一の得意と言えるものができたことは感謝しております。

  • 40代:主夫
  • お子様:中学2年生(男の子)
  • 受講コース:プロテクコース

ゲームやプラモデルの好きな息子。
普段から息子のやることに関心はなかったのですが、教室に通い出して自分でゲームを作るようになり、誰かに喜んでいる息子の姿を見て感動しました。
“誰かのための何かを”提供できるプログラミングでは実現できることを実感し、今では私も息子の作ったゲームを一緒に楽しむなど家族との時間が充実するようになりました。

写真はイメージです。

外部活動実績

J’フェスタ

ODT

プログラミングメンター

プログラミング検定情報

オフィシャルブログ

オフィシャルチャンネル

採用情報

メディア実績

デジタル教材(プログラミングメンター)について掲載頂きました。

お知らせ・イベント